キャバ嬢として働くにあたって、女の子達が結構苦労しているのがこれ「働くお店選び」です。
こう聞くと、やっぱりお店によって結構待遇って違うのかな?なんて思われるかもしれませんが、ポイントはそこではありません。

ざっくり言ってしまえば超ブラックか、ブラックか、ホワイトか、みたいな感じなんですね。
要するに、お店によって労働環境そのものが全く違うんです。
ちょっとお給料や福利厚生などの待遇が違うというのなら、それはどこにでも当たり前の話かもしれませんが、キャバにおけるブラックかそうでないかというのは、結構大きな違いあるものです。

  働くキャバクラ店選びのポイント

今回は女の子がよく苦労しているキャバクラのお店選びのポイントについて、少し話しておきたいと思います。

1、背景にヤクザが見え隠れするお店はNG

これはどんな女の子でも真っ先に避けたいと思うのではないでしょうか。
みるからにそっち系の方が店長やオーナーと親しくしているのをみるようなことがあれば、きっとみんな怖がってしまうと思います。

でも、やっぱりこういう業界ですから中にはバックがヤクザでしたというお店もあるのです。
もちろん、表面上何か問題が起きるということではないのですが、やっぱりできればこういうお店は避けたいという気持ちになりますよね。

2、罰金があるお店は避けた方が良い

これはキャバクラだと”意外に”あります。
昔と比べるとそういったお店はかなり減ってきているのですが、やはり今でもあるにはあるのです。
遅刻や欠勤、ノルマ達成できずなどの理由でお給料から罰金として天引きされるというのがまかり通っているお店もあります。

なので、面接に言った際にはこの制度があるかないか、しっかりと確認しておくことをお勧めします。

3、強制労働を課すお店もある

これは何かと言いますと、言葉の通り強制的に労働させるということです。
例えば、こちらの都合を無視して○時から○時まで働け、などと命令をしてくるお店も中にはあるのです。

また、辞めたいと言っても辞めさせてもらうことができず、とにかくお店のために稼げと言ってくる。
そんなお店もありますので、やはり注意が必要だと言えるでしょう。

4、何に対しても曖昧なお店は避けるべき

例えば面接に行ったとき、気になった事は色々と聞きますよね。
ここで曖昧な答えを返す様なお店は避けた方がいいでしょう。

その理由は簡単で、答えられない事情があるからです。
そういった態度を取るお店は、大抵の場合何かのトラブルを抱えていたりします。
絶対に避けた方がいいケースだと言えるでしょう。



上記で述べたようなトラブルや法律違反のブラック点で働く事にならない為にも”体験入店”は大切です。
事前にお店の雰囲気や、内情を知るという意味では是非、積極的に体験入店というシステムを利用しましょう。
きちんとしたお店で働けは”キャバクラは危ない”という世間的なイメージや不安も払拭されるはずです。